FC2ブログ

移動販売車+カオソーイ

私は移動販売車でカオソーイを手作り販売中。 屋台村プラス協会として地域に根ざした団体行動も。 個人的視点から日記形式でお伝えします。

2008年11月6日(木)楽天大学1間目・マーケティングのマの字を習う。

楽天大学、只今帰りました。

早速朝一番 10:30~12:30
・お客さん視点の探り方(店舗価値【1】)
の講座まとめます。

20081106001


(全講座の原点)なんて、大袈裟な事が
TOPページ一番下に書いてある(大)

しかし私にとっては2時限目
その言葉が大袈裟ではない事を思い知らされる事を
まだこの時は知らなかった(驚)



今日の1時限目と2時限目の講座、
一言で言えば「マーケティング講座」

楽天ではこのマーケティングってのを「3C」で表現している。
①Customer(お客様)
②Competitor(競合)
③Company(自社)

一番は当然①のお客様。
お客様の「ニーズ」「目的」「理由」なんてのを探る訳ですね。



お客様の「買物をしない人」いは、2タイプがある。
それは、買わない人・買えない人。
何で買わない・買えないのか?

楽天ではこのお客様の苦痛を「コスト」と表現している。
①労力・手間
②お金
③時間
④考え
⑤気をつかう
まっ、お客様のやりたくない事



ショップ側は、このコストを排除したサイト作りをしなければいけない!
見本に、
「愛着屋」
http://www.rakuten.ne.jp/gold/aichakuya/

写真が具体的で多く、細かい箇所などクローズし原寸大にまでして見せている。
商品ページ後半では、
「スタッフのお客様目線コメント」って名で、実際のスタッフの名前入りで
試着した感想を書いている辺りは実に見習いたい。



今日の講師の先生は、聞きやすくハキハキ元気(力)
素の自分でレジュメは脱線気味だが、楽天市場知識が半端な苦豊富。
それでいて私の様な素人にもわかりやすく伝える講師としての能力も高かった。

脱線した中で一番使えそうなのが、
楽天総合案内所
http://www.rakuten.co.jp/ri/sitemap.html

お客様のコストを、
この楽天総合案内所に自社サイトからリンクで飛んでもらって解決するなど、
使えると思ったね。



今回も講座中移動販売車の電話がガンガン鳴った(汗)
今日はまとめもココまで。
スポンサーサイト




別窓 | 通販・サワディー家 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2008年11月6日(木)楽天大学2間目、ショックで動けなくなる舟橋 | 移動販売車+カオソーイ | 11月初の楽天大学、行ってきます>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 移動販売車+カオソーイ |